スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014春アニメ 今期は、茅野愛衣様が一番らしい

自分が見たアニメの中ではということですが、
花澤様は、残念ながら終了したようです。
いいかげん飽きていたしそれはいいのだが、
どうして、こう、かぶるんですか?
みんなで狙ってやってるんですか?
アニメ界で壮大なステマですか?
スポンサーサイト

2014春アニメ第1回視聴終了時点の評価

2014春アニメについて第1話終了時点の評価について
上から
ノーゲーム・ノーライフ
キャプテン・アース
シドニアの騎士
健全ロボ ダイミダラー

魔法科高校の劣等生
彼女がフラグをおられたら
ブラック・ブレット
犬神さんと猫山さん
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
棺姫のチャイカ
蟲師 続章
一週間フレンズ。
悪魔のリドル

極黒のブリュンヒルデ
魔法少女大戦
マンガ家さんとアシスタントさんと
監督不行届
selector infected WIXOSS
僕らはみんな河合荘
ブレイクブレイド
史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃
ソウルイーターノット!
ご注文はうさぎですか?
デート・ア・ライブⅡ
メカクシティアクターズ
風雲維新ダイショーグン
ブレイドアンドソウル
星刻の竜騎士

一週間フレンズの第1話を見た

なかなか見る勇気が出なかったのです。
実際こういう病気があるらしいし、こんな極端なのは本当にあるとは思わないけど。
まったく同じ設定のエロマンガ(鳴子ハナハルさんのです。)もあった。
それだけに考えさせられる内容であることは間違いなく、
アプローチの仕方によってはあきれるしかないことになりそうだ。
主人公の友人役の章吾の声が気に入っている人でした。
髪の毛のはね毛が気になるというかうざい。
ちなみに人の記憶は消えるが記録はできるのである。
もちろんその間の感情は情動は再現できないけどむなしくてやめたのだろうか。
その辺の設定をちゃんと説明するのだろうか。
してないようなら別に見る気もないのである。

selector infected WIXOSSの第2話を見た

たぶんこれ以上はみないと思う。
つか、感想を書ける気がしない。
あ、久しぶりに川澄様がでておりました。
年上のお姉さん役で。

ブレイドアンドソウルの第1話を見た

NCJAPANのネットゲームの宣伝アニメらしい。
ふつーのアニメでした。

悪魔のリドルの第2話を見た

やっと導入部が終わったのか。
声優の名前がほとんどわからないことに気付いた。
しかも、1人目の刺客が雪歩(新)の方とは。
声豚じゃないからしょうがないけどね。
どうも、女の子ばっかりの話が多すぎて飽食気味です。

魔法科高校の劣等生の第1話を見た

おもしろいとは思うけど、ある意味主人公のチートさ、優等生っぷりにちょっとげんなり。
チートな主人公といえば、「異世界から問題児がくるそうですよ」の彼もそんな感じだけど、
好戦的ですきです。
まあ、本当に劣等生ならまだいいのかもしれないが。
あと、最近能登様の声かなと思うと早見沙織だったりする。
世代交代はすでに始まってるのかな。

メカクシティアクターズの第1話を見た

前半つまんあい。
後半意味わかんない。

ソウルイーターノットの第1話を見た

死武専が一般世界に存在するとは、
いや、アクション物でなくなったようなので
特に見なくてもいいかな。

キャプテン・アースの第1話を見た

導入は、なかなか良い感じでしたが、
合体シーンの途中で寝てしまった。長いよ。
合体して迎撃準備をして終わるという、まあいんじゃね。
キャラクターデザインが三巷文(みなとふみ)なので継続です。
いや、1話だけじゃわからないよこれ。


彼女がフラグをおられたらの第2話を見た

原作改変はもういい、ここで正常に戻すのか?
第2話にして絵柄が・・・昔ならあたりまえだったが。
お姉ちゃん阿澄様でばばさまが豊崎様で生徒会長田村様とか
最後に恵が花澤様ですが、花澤様あいません。
ちょっと前の声優を持ってきた感がありまくりです。
やっぱり、竹井はアニメになじまないのだろうか。

追記

エンディングのPVは、外人さんが制服を着てヅラかぶって踊ってます。
すげーーっこれより声優が制服着て歌って踊ってた方がましに見える。
いや、どっちも見たくないが。

棺姫のチャイカの第2回を見た

展開は、よかった。

ノーゲームノーライフの第1回を見た

たぶん今期一番おもしろいかもしれない。
元々賭け事は好きな方なので、こういう展開は大変好きです。
スピード感といい、構成といい好きですよ。
ですが、また日笠様か・・・・勝ち気なお姫様とか
まあ、テンプレすぎて笑う。
茅野様もそうだけど
相手の神様がなぜか釘宮様でした。意外すぎて良い感じです。
でも監督は、サムゲダンの人でした。残念です。
また、なにか仕掛けるんでしょうか。残念です。

聖刻の竜騎士の第1話を見た

いきなりアバンで島田須美とかすごいなあと思った。
OPがなんでこのキンキン声なんだ?
OPの歌手の実写PVががが、なんだその衣装
アニメOPとかのPVって相変わらずよくわからないなあ。
とりあえず最後まで見ました。あっという間でした。
でも、すいませんつまらないです。


ブラック・ブレット

あっという間にエンディングになった。
やっぱりこういう感じのが一番良いねえ。
次回に期待である。

悪魔のリドルの第1話を見た

うーん、CM聞き間違っていたのかな。
変態黒幕の杉田様が
女の子同士で殺し合うのか。
ターゲットを誰よりも早く殺すって全員殺せば良いんじゃないのか?
それ以外を殺してはいけないのか?
ちなみに「世界は○○に満ちている」に空欄を埋めよのメールに対しては、
悪意か欺瞞かな
ナイフって回転しながら刺さるのか、知らなかった。
あと、内田真愛がOPを歌っているが、クラウズの時よりヘタに感じたけどどうだろう。

風雲維新ダイショーグンの第1話を見た

いやー、最初、モンキーパンチのネズミ小僧かと思った。
しかし、ヤンキー物だとわかった。
でも、エロい時代物かな~とか思ったら、実はロボット物だった。
(題名でわかってただろとセルフつっこみ)
なんにせよ、久しぶりに声を聞いた川澄様です。
悪役の女に沢城様です。やっぱり似合いますね。
悪役の男に子安様です。もう変態悪役はあなたしかいませんね。
あ、最近は杉田様も似たようなポジションになって仕事減りましたか?
話のテンポも脚本も昔風で、時代背景にあってていいですね。

selector infected WIXOSSの第1話を見た

あーまたカードゲームネタだよ。
でも、似たようなネタのファンタジスタなんとかみたいなこともなく。
結構、いいかんじな気がした。
でも、世界を変えるほどのお願いが「兄妹でうんたら」とか、今時そんなことで頑張るのか?
とか思うのですが、いかがでしょうか。
しかも3回負けたら権利が無くなるだけとかノーリスク、ハイリターンですねえ。
でも、カードの中の人の声の人がどっかで聞いたなあとか思ったら。
「異世界から問題児が来るそうです」・・・・逆だ
「問題児達が異世界からくるそうですよ」の中で出てきた妖精さんだった。
なので視聴継続。
ちなみにこのアニメの黒ウサギ役の野水いおりは、よかったと思うの。

極黒のブリュンヒルデの第1話を見た

原作は、あの「エルフェンリート」の岡本倫ですね。
あの原作とアニメは、トラウマものでしたね。(いろいろな意味で)
今回のはどうでしょうか。
とりあえず、原作に似た作画のようなので。
ひとえに普通のアニメっぽかった。
うん、それだけ。


蟲師続章を第1話第2話を見た

撮りためていた、年末の特別編と続章の1話と2話を見た。
相変わらずの丁寧な作りに安心した。
しかし、OPが・・・なんだよ普通に日本語でもいいんじゃん・・・とか思ったら1期も英語だった。
かなり忘れている。
というか、DVD持っているのに見返していない。未開封だったりする。
リマスターBD版出てるけど買い直しする気もない。
でも、今期もちゃんと見るよ!!

健全ロボダイミダラーの第1話を見た

いや、本当にベッタベタのエロアニメだった。
いや、本当の意味でのエロかといわれれば、どうかと思うのだが。
パンツは丸見えだし、敵戦闘員の股間の勃起はしっぽだと言うし、
どうしようもない内容だが、逆に深夜アニメの王道!!とか言いたくなる。
くだらなすぎて次回も見たい。
あと、こういう仕事は、新人にやらせなさい、声優さんも仕事選べよ。
(好きでやってるならいいんだけど。)

声優さんの交代のこと

昨日、ハンターハンターを見た。
「心Tシャツ」を着たあの人が出ていた。
永井一郎さん亡き後、違う人が声をあてていた。
それ自体はしょうがないことなのだけれど、寂しい。

今日、史上最強の弟子ケンイチ2期を見た。
ヒロインの声が変わっていた。
川上とも子さん亡き後、OVA版の人に変わっていた。
それ自体は、よくあることだけれど、寂しい。

ただそれだけ。

「棺姫のチャイカ」の第1話を見た

「棺姫のチャイカ」の第1話を見た。
原作が榊一郎+α、角川・富士見書房・ボンズである
自分の中で榊一郎は、あうのとあわないのが極端であり、
アニメ化された原作で読んだのは、「スクラップド・プリンセス」「まじしゃんず・あかでみー」
だめだったのは、「神曲奏界ポリフォニカ」、「アウトブレイク・カンパニー」
「チャイカ」は、読んでません。
まじしゃんず・あかでみーの時はアニメから原作にいったくらいでしたから、
このアニメから小説にいくこともあるので。
OPから入ってきましたが、OPの宣伝が先にあったので、聞いたことがあり、野水いおり本人のPVでやってるけど、あの人って本当に売る気ででてるのだろうか、顔がまん丸で(かなり太った?)その丸さとでかさを強調する髪型、悪い方にもっていくなよ。声は好きだが、音程微妙だし、ヘタさが強調されていた。飽きたのか、今回は買わない方向で。
いきなり伏線からですか、ふんふん、しかも髪の毛の下だけカゲつきのベタ絵。いまどきの3Dでももう少しカゲあるぞ。
ヒロインだけほほに朱入れるとか手抜き以外のなにものでもない。
ヒロインの4文字熟語的漢字発言・・・なのに「こわくない?」とか一貫性無し。
テンプレでしかもブラコンの妹の登場の仕方とかもううんざりかな。
昨今の作画の向上についていってない。というか、発注シーンごとに精度が違う感じ1話までに時間がなかったのか、単価安いからクオリティさげたか。
とりあえずOPもEDも購入予定無し。(これはくつがえること多々あり)、
売れないけど良い作品を送り出す制作会社と私の感性とはあわないシリーズ構成であることを確認したので、視聴は継続することに。
太眉のヒロインが好きなだけですが、何か?

ジョジョの2期の1話を見た

スターダストクルセーダースの1話を見た。
まあ、一期の第1話ほどの衝撃はさすがにないよね。
牢屋は短かったような気がするけど、記憶違いか?
承太郎の声がちょっと意外だったが、視聴継続はすでに決定事項。
これからもJOJOらしさを維持して欲しい。

「がをられ」追記

「がをられ」のCMを見た
基本的に視聴前には、基本情報もあまり入れないようにしている。
(実は、事前に確認しても憶えてないだけなのだ)
竹井先生の作品の場合、声優が決まっているような気がする。
しかも超豪華設定。「秋桜」の時は、それはすごいあっていた。
いや、超豪華声優=実力派ばかりなので、うまいというのもあるのだろうけど。
田村ゆかりさん(17才)にあのようなセリフを言わせるとかいろいろ。
(エロゲー原作ですが、ドラマCDは、エロじゃないので念のため)
今回も「テンプレ」な豪華声優陣で田村ゆかりさん(17才)もデフォとかどんだけ声優に金かけてんだよという感じ。
いや、単に「田村ゆかりさん(17才)」が書いて見たかっただけ。



「彼女がフラグを折られたら」第1話のこと(ネタバレあり)

皆さん、がをられてますか?
原作後書きによると「がをられる」とは、
「「彼女がフラグを折られたら」にはまる」ことを言うのだそうだ。
「彼女がフラグを折られたら」は、竹井10日のラノベである。
「旗ヶ谷学園わー」とかいきなり冒頭からラノベ読んでる奴しかわからないネタで導入とかちょっとどうよ。
と、つっこみを入れると、あれ?お姉ちゃんは?お姉ちゃん出てこないよ・・・・
竹井と言えば「隣のお姉ちゃん」、「隣のお姉ちゃん」といえば竹井でしょ
あれ?そのまま、寮まで?え?いきなり恋愛フラグ?
小説を読み直し、マンガを読み直す。よし、記憶に間違いはない。
第1話にして不安が・・・・尺あわせの改変か、原作者合意の改変か
とりあえず作者へのお布施で購入予定だったけど保留になりました。
キャラデザインは、「この中に1人妹がいる」は同じ人だとはいえまるっきり同じ雰囲気とか、しかも中身のハーレム物だしねえ。ああ、購入意欲がますます落ちてきた。
あとは、茜の声が時々素の声が混じるので・・・・
しかも茜の最後の良いセリフが原作読んでいないと「なんだこの勘違い女は!!」なると思うんですが。
原作読み直してみたけど、隣のお姉ちゃんすっとばして1巻終了とか詰め込みすぎ。
これが、原作厨の叫びなのかもしれない。
でも、ト書き部分がキモの竹井作品をアニメにするとこんなものか・・・・
竹井先生、ポケロリ続巻お願いします。

仕事ができるように見える人

とあるまとめブログに載っていたのですが、
「仕事ができるように見えて仕事ができない人」と
「仕事ができないように見えて仕事ができる人」の話があった。
仕事ができないように見える人は、いじめられ退職に追い込まれ、
その人がいなくなったおかげで他の人に仕事が割り振られ、
その時に仕事ができるように見える人の仕事が他の人に割り振られて
初めて、その人が使えない人間であるとばれて、その人もいじめられ
仕事を辞めさせられた。
さらに、仕事ができるのに辞めさせられた人からも違う場所でいじめられたという
そんな話を見た。
教師は、初めて持つクラスに最初に全員と顔をあわせたとき、
第一印象でだいたいわかるという話も聞いていたので
「そんなことあるんだなあ」程度に思っていた。
しかし、今日、実際にそんな例を見ることになった。
今回転勤してきたその人は、
前任地の職場でもその前の職場でも本当に使えない人だそうで、
悪い方に保証書がついているそうです。
しかし、着任したときの様子では、全くそんな感じがしないのです。
ちょっとびっくりした日でした。

コールドケース(ファイナル・シーズン)#15

さきほどCSで録画したコールドケース(ファイナル・シーズン)#15を見た
このシリーズは、主人公のヒロインが割ときつめの顔立ちだが、
笑顔が可愛いのでついつい見ていた。
今期は、録画時間が合わないので字幕版を見ている。
この回は、不謹慎にも新郎である同僚の結婚式・披露宴中に捜査を行う。
新婦の前回の結婚の時に、結婚式直前で死んだ新郎の
死にまつわる話をやっていた。(ネタバレするのでここまで)
テンポも良くエピソードのこなし方もうまい。
いつもの頻繁な場所移動・場面切り替えによる移動描写がない。
全員が一丸となってタイミングを計って仕事をこなす。
実に小気味良い、良い切れ味の回だった。
(黒人の女性刑事1人だけ出席してなかったけど)
このシリーズでは、めずらしく残しておきたいと思う1話だった。

「ぼっこぼこにしたい」

最近、「ぼっこぼこにしたい」というモバゲーのCMが放送されている。
スマホの画面を見ながらうれしそうに笑うのである。
たかがCMと思ってはいるのだが、どうも感じが良くない。
女優さんの印象が悪すぎるのだ。
単なる印象の問題なのだが、イメージに響きそうな気がする。
おっさんの戯れ言です。

のうりん最終回

おそまきながらのうりん最終回を見た。
パロネタも一部はわからないのもあったけど、ほぼクリア。
二期につながるような、うまい終わらせかただと思う。
今期は、BD購入枠をすでに使っているので、
残念ながら購入には至っていないが、
来期あたりに余裕があれば買いたいと思う。
(所詮ラノベと思ってリストに入れていなかったので非常に残念)
バカテスの監督というのをどっかのブログで見て改めて、
自分のツボだったと納得してました。
2期がきたら是非セットで購入したいと思う優秀作だったと思う。


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。